スポンサーサイト

Posted by dejavu on --.-- スポンサー広告

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアのミュージカル ヒロ(香川/高松)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアの高橋管楽器(東京新大久保)はこちらから!

『リード調整本を読んでみて』.....

Posted by dejavu on 25.2013 日記

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

先日、リードの調整本を買うて読んでみました.....

こんな表紙/タイトルの書籍で、サックス吹きなら非常に興味あるだろうと思います!

485594_317035558427082_1907663907_n.jpg

サックスはこのリードって言うパーツが振動して音になります、即ちリードの調整が吹きてのイメージに合わせるのが重要ポイントになります。

サックスを演奏するにあたって重要度の順序は;

吹き手のスキル → マウスピース/リード/リードの調整 → ネック → サックス本体......

勿論、全てが万全である事が前提ですが「マウスピース/リード/リードの調整」が2番目に重要視されています。

これはあの本田雅人のセミナーで説明があり納得できる説明でした。



そしてこの書籍は「リード」の調整に特化して書かれています。
多くの説明がありますが抜粋し簡単に紹介を......

【保管】
日頃のリードの保管方法が説明されていますが、時間軸があまりにも長期間なので一般のサックス吹きには非現実的かと思われます(内容は十分理解できるのですが)。

一般のサックス吹きなら買うてきた新品リードを無駄なく早く調整して使いたいのが本音と思います。


【リード調整】
リードの各部分の名称やポイントを細かく説明し見分け方や特徴を交えながら調整方法が説明されています。


【リードミスの対処法】
この書籍ではリードミスの原因はリードにある事を前提に説明しています、マウスピースの十分精度が出ている状態であれば非常に参考になる項目です。

ただ一般に出回っているマウスピースの殆どは十分精度が出ていない物が多いのでリフェイス処理を行なってからリードの調整をお勧めします。

書いてあるリードミスの対処法はちょっと具体性に欠けると思われます、目で見て分かるように「DVD」で "このような症状であればこの当たりをこのようにこれくらい削る" と言うようにすれば分かり易いかと。



ただ読んで道具を揃えて即上手くイメージ通りに調整できるかと言うと "無理です" ある程度経験を重ねないと上手く削れないと思います。
私もかなり練習しリードもかなり無駄にしました、お陰でこの書籍に書かれている事も十分理解でき10枚あれば8枚は何とか鳴るリードに調整できるようになりました。

リードが調整できるようになるとコストパフォーマンスも良くなり練習を含めた演奏が楽しくなります。
リード調整に困っている方は是非読んでみて下さい、損は無いかと思います。


但し、リードミスの原因はリードだけでは無い事も十分頭に入れて下さい。
アンブシュア、マウスピース、リガチャー等も原因になります。





スポンサーサイト

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアのミュージカル ヒロ(香川/高松)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアの高橋管楽器(東京新大久保)はこちらから!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。