スポンサーサイト

Posted by dejavu on --.-- スポンサー広告

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


『再:病室便り』.....

Posted by dejavu on 22.2012 日記 0 comments

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

昨日のショックから気を取り直してブログ再出発します.....

画像には意味はありません。

写真


再び入院のあらすじを簡潔に;



◇11/19㈪、13:30入院手続き;

まず日頃の飲み薬のチェック、皆どんだけ薬を飲まされてるのか薬漬け?
日本医療の悪いところやと思う、チェック時間は約10分/人、私は30秒(薬無し)。

そして入院センターに誓約書を提出して病室へ、予想通りお年寄りばかり。
簡単に本人チェックや簡単な看護師から問診/検査(血圧)、外来診察で翌日の手術の説明を受ける。

その後はする事無く、院内探検や持ち込んだMac PCでネットサーフィンなどして時間を潰す。
夕食 → シャワー → 22時就寝(こんな時間に寝られへんで)



◇11/20㈫、手術当日;

6:00起床、7:00過ぎに朝食。
8:00頃から手術に向けた点滴を開始、術後の14:00頃に終了。
11:40頃、病室から手術室へ点滴台を押しながら徒歩で向かう。
12:00頃、最終チェック(本人確認、手術項目手順、注意事項)し手術台へ。

その後、準備が整い右脇に局所麻酔を行ってから切開切除開始。
約1時間程で終了、術中は痛みは全く感じず、約40針縫う。


術中は;
今回は局所麻酔なんで意識があり術中の会話や雰囲気がはっきり分かりました。

手術室にUSENが流れており、医師や看護師達がSMAPのこの曲好きとかロコモーションはノリが良い(私も口ずさんでました)とかリラックスムード。

医師2人も時折世間話をしながらの手術、まぁ大した手術ではなかったんで気楽だったんやろうね!

テレビで見る「スーパードクター」や「ドラマ」のシリアスな手術とはかけ離れた雰囲気でした。


終了後、医師から具合と気分を尋ねられ「腹減った」と答えたら医師&看護師に「ウケた」。
そして車椅子が待機しており病室まで送迎、歩けても術後は念のため車椅子らしい。

14:15、やっと昼食にありつくが量が少ないので院内のコンビニでおにぎりを買うて食らう。
その後、局部麻酔が切れてきても殆ど痛みも無く快適な術後を過ごす。



◇11/21㈬、手術翌日;

6:00起床、就寝中も痛みは無く想像以上に右腕/手は動く。
普段の生活には問題無い程度だが腕を伸ばすとツッパリ感はあり、ただ脇にはガーゼや炎症を抑えるミニアイスノンを挟んでいるので動かし難い。

午後、手術担当医師の回診があり患部のチェック → 消毒 → ガーゼ貼り替えなどの処置。
患部の具合も良好なので明日11/22午後退院とな。

そしてまた退屈で暇な時間を過ごしながら時間を潰す。

後は退院を待つだけ。





病室では;
同部屋の殆どの患者が糖尿病で朝から血糖値検査/採血/食事制限/食事療法講習などで大変そう。
私も気をつけようこりゃ見ていて大変そうだわ。

困ったのが「爆裂いびき」と「歯ぎしり」、寝られへんで!




まずは病室からの感想を......








スポンサーサイト

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。