スポンサーサイト

Posted by dejavu on --.-- スポンサー広告

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアのミュージカル ヒロ(香川/高松)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアの高橋管楽器(東京新大久保)はこちらから!

『今日のレッスンは収穫がいっぱい!』.....

Posted by dejavu on 16.2013 Lesson

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

今月は最初で最後のレッスンでした.....
ちょっとバタバタして今月は1回のみで、ソプラノ+ヤナラバ(Tuned by M-TEC)+JAZZ SELECT 3Sです。


今日はアドリブの事は少なめで、ちょいと難儀している事がありアドバイスを頂きました。

・Bフラット管(Sop & Ten)で「G」の当たりが悪い、出にくい。
・2拍3連の練習方法。


2拍3連はいつもは1拍3連を2つ並べて①・2・③・4・⑤・6の○数字を意識していたんですが、なかなか音の長さが均一にならない。

先生からはもっと簡単に8分音符を6つ並べて「例:ミミ・ソソ・ファファ」を2拍で吹いて「ミー・ソー・ファー」にするとやり易いと。
猿の脳ミソ以下の私でも理解できるように図解で説明して頂いて助かりました。
本当はもっと詳細に説明があったんですが割愛します(言葉にするのが難しいので←ゴメン)。



そして「G」ですが、先生もBフラット管は一般的に鳴らし難いとの事。

sop987.jpg

適当な画像が無かったんでケニーGの画像を拝借してます。
先生曰く、普通だと低音域は画像のように口と本体が90度くらいで鳴らし、高音域(オクターブ以上)は少し鋭角にすると鳴らし易いと。
ところが私は逆で「G」は少し鋭角にするとスコーンと鳴り、90度程度にすると裏返り気味になります。
高音域は90度くらい、低音域は少し鋭角で逆だったんで先生も「あらまぁ〜」って!

そしてアドバイスを貰ったのが「下唇」を上手く使う事.....
これは私の頭には無かった事で「下唇で音を作る」、具体的に下唇をどう使うのかは表現が難しく私の乏しいボキャブラリーでは説明しきれないので想像して下さい。 ←ゴメン

実際にアドバイス通りにやってみると、あっさりそれもええ音で当たります!
高音域は少し鋭角、低音域は90度くらいで。


そして、自宅に戻って感覚を忘れないうちに反復練習をしております!
今日はかなり悩んでいた事が解決に向かいつつあるので収穫多いレッスンでした、もちろんアドリブの事も少しアドバイス頂きました。



今日の番外編;

のり子先生から和歌山県のお土産を頂きました、昨年も頂いたんですがこれがものごっつぅ美味いんです!

aonori.jpg

注釈:
・ものごっつぅ ← 関西弁で「凄い」の最上級。

活用形
・凄い → ごっつぅ → ものごっつぅ


スポンサーサイト

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアのミュージカル ヒロ(香川/高松)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアの高橋管楽器(東京新大久保)はこちらから!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。