スポンサーサイト

Posted by dejavu on --.-- スポンサー広告

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアのミュージカル ヒロ(香川/高松)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアの高橋管楽器(東京新大久保)はこちらから!

『永遠の0(ゼロ)を完読して』......

Posted by dejavu on 27.2013 日記

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!


永遠の0を読んでみました......

以前からメディアで紹介され、映画化も決定されたと言う事で。
金曜日に買うて先ほど全十二章を完読しました。

メディアや周りでは「感動し号泣」ものとありますが、私は異種生命体なのか全く「感動も号泣」もありませんでした、小説としては面白いと思いますが。


第一章(亡霊)から第十一章(最期)の最終ページまでは「亡き祖父」の取材と「亡き祖父」を知る戦友の戦争回顧録です。
所々に「亡き祖父」について、良し悪しはありますが各戦友の思い思いの話があります。

小説には「どんでん返し」が付き物で私も第十章を完読した時点で自分なりの「どんでん返し」を考えましたがしかし見事にハズレました。


メディアや周りが「感動し号泣」しているのは第十二章なんでしょう!?
第十一章の最期のページから急展開(どんでん返し)に、そして第十二章でクライマックスを迎えます。

映画ではこの第十二章を「感動的」に再現する事は間違いない、それまでは淡々と続くと思います。



第二次世界大戦の特攻隊員を描いていますが、各章に「皆、誰のために戦って死ぬのか」を考えさせるようになっていますね。
「天皇のため、国のため」......これは大義名分、各々の思いと本音がでてきます。

特攻に志願するのも本人の意志で「是非志願する、志願する、志願しない」を選べるが最終的には志願するに変えられてしまう、志願しないとどうなるのか?



今更ですが、大義名分だけを押し付けられて命を落としていった兵士には冥福を祈るだけです!


今年12月に映画公開予定、映画を観ようと思ってる方は書籍を読まれてから観るのも良いと思います。




スポンサーサイト

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアのミュージカル ヒロ(香川/高松)はこちらから!


☆ 管楽器 販売&リペアの高橋管楽器(東京新大久保)はこちらから!

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。