スポンサーサイト

Posted by dejavu on --.-- スポンサー広告

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


『1975年製と2013年製』......

Posted by dejavu on 22.2013 Saxophones

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

今日はレッスンから帰宅して2本のテナーを比べてみました.....


1975年製の「Mark 7」と2013年製の「Forestone Unlacquered」を。



奥が「Mark 7」、中央が「Forestone」です。

1504191_401061236691180_1026628061_o.jpg

当たり前なんでしょうが、2013年製のForestoneの方が遥かに吹きやすいです、約40年前の技術レベルと現在の技術レベルには差があるのは当然ですので。

兎に角、ピッチ(音程)が良いし合いやすい、楽器(音楽)は音程が合って聴き心地が良い訳で。

このアンラッカーの音色も好みです、これはマッピやリードに依存されるところなんですが「M-TEC-JAPAN」でリフェイス・チューニングして頂いた「ヤナギサワラバー」と「medir」製のリードがバッチリ合います。
そしてアンラッカーの真骨頂と思っていますが「良く響く」、音量がでます。
マッピを上手く合わせれば電気楽器の中に混じっても負けない音量はでると思います。

音量に関しては「Mark 7」もかなり出るんですが、このアンラッカーの響きを合わせると比較できません。

そしてフィンガリングも良好です、やはり「Made in Japan」を謳っているだけあって日本人の掌や指の長さを考えていますね、「Mark 7」は多くの日本人の手のサイズには不向きかと。



今までは「Mark 7」がお気に入りでしたが、やはり「Forestone」がメインになりますね。
他メーカーの楽器もかなり試奏しましたが、今は「Forestone Unlacquered」が最高の選択になりました。

Forestoneに出会わなかったら「YANAGISAWA T-902(中古) + 銀ネック」あたりを買うていたかも💦



う〜ん、「Mark 7」をどうするか、悩みどころです。





スポンサーサイト

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


『"Forestone" New Tenor Saxophone』.....

Posted by dejavu on 15.2013 Saxophones

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

久々の更新です.......

今回は樹脂リードでお馴染みの"Forestone Japan社"から新発売された「Tenor Saxophone Unlacquered」を購入しました。

今年7月、"Forestone Japan社"へ訪問させて頂いた折に日本未発売のサックスを試奏させて頂いたりしました。
この時のアンラッカー(Unlacquered)の音色が気に入って今回の購入になりました。

昨夜、受取り本日吹いてみた感想は;(1975年製のアメセルテナーMark7との比較になります)

・もう当たり前ですが"ピッチ"が楽に合わせられます、殆どアンブシュアを気にすること無く。
 しっかり調整されていて良い仕事をされています。

・キーの配置も日本人の手の大きさ、指の長さにちょうど良い感じです。
 左右のテーブルキーも良い位置で違和感無いです。

・アンラッカーの利点なのか音が良く響きます、この響きを感じると欲しくなりますよ。

・そしてアンラッカー本体の色合いが何とも言いがたい色合いを醸し出しています、3〜4ケ月後には良い色合いになっているんでしょう。


以前、聞いたコンセプトはヤマハの82Zのパフォーマンスを基準により良く設計されており、コストパフォーマンスも考慮して購入し易い価格設定にされているようです。
これだけ、良い音がすれば少々高価でも構わないと思うのは私だけでしょうか!?

簡単に画像で紹介を;

まずは全体画像を、宅内の照明ではアンラッカーの色合いがでません_(._.)_

DSCN0735.jpg

DSCN0737.jpg

ネックのオクターヴ機構がヴィンテージ風で気に入ってます。

DSCN0746.jpg

左右のテーブルキー、オクターヴキー、パームキー等も日本人の手のひら指の長さにちょうど良く操作し易いです。

DSCN0753.jpg

DSCN0752.jpg

DSCN0751.jpg

DSCN0750.jpg


日本での発売が最近なのでまだ楽器店では見かけないと思いますが、現状では以下の店舗で試奏できるようです。

・山野楽器(銀座)
・イシバシ楽器 渋谷WEST

Forestoneの楽器にはマウスピースは付属されていません、皆さん、お気に入り等あると思うのでマッピ分のコストダウンも価格に反映されています。


詳しい事は"Forestone Japan社"へ問合せてみて下さい。

☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


『続々、エルクハート ET-500BN』......

Posted by dejavu on 06.2013 Saxophones

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

続々でエルクハート ET-500BNで今回は付属のマウスピース編です。

M-TEC-JAPANさんに送って見て貰い画像を頂きました。


IMG_0420.jpg

まずはシャンク端部の凸凹修正+シャンク入り口内のバリ取り痕の画像です。



IMG_0421.jpg

スローと内部に張り出した大きなバリを取り去った痕です。


IMG_0422.jpg

バッフル、フロア、ウォールの修正痕です。


IMG_0424.jpg

IMG_0423.jpg

リガチャーもネジをロウ付けしている部分が飛び出しており、そこを軽くヤスリで削った痕跡はありますが他フラットではないので、リードを装着している画像の通りバンドがボディから浮き上がっています。





M-TEC-JAPANさん曰く;
こりゃ酷い.....工エエェェ(´д`)ェェエエ工
私が電話で伝えていた以上に酷かったようです( ̄□ ̄;)!!

ET-500BN本体もお粗末でしたが、マッピもここまでとは.......

購入当時に5〜10分程度このマッピで吹いてみましたが、もうリードミス連発!
リガチャーをかなりキツく締めてリードを噛むとなんとか鳴ってくれましたがアンブシュアが崩れるのでこのマッピは無かった事にしました。


価格は安いですがこりゃちゃんと鳴らせるのは無理なセットです、もうちょっとコストを掛けて質を上げないと購入者に対して失礼ですわ!


エルクハートの方は電話でM-TEC-JAPANさんに「すごい事」を言ったようです、M-TEC-JAPANさんも呆れ果てたと仰ってました(内容は皆さんの想像にお任せします)。



今回でエルクハート編は終わりにしませう、よっぽど呆れた情報が届かない限り。

今回は良い勉強になりました♪~( ̄ε ̄;)






8/14 追記;M-TEC-JAPANさんより.....

エルクハート付属のマウスピースは "フルリフェイス" しないと吹けない代物だったと。
フルリフェイスして頂きました、材質は脆くなったレイキーのようで耐久性は無いと。


今回は、本体とマウスピースの両方ともが残念な状態で "安かろう悪かろう" の典型でした。



☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


『続:エルクハート製 ET-500BNについて』.....

Posted by dejavu on 04.2013 Saxophones

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!


エルクハート製 ET-500BNの続報です.....


以前のブログ記事にも書きましたがもうエルクハートからのメッセージは無視しています、
そしたら全く無関係の第三者に相談して私のブログ記事を削除して貰おうと画策していました。

第三者の方から連絡があり今回の件で泣き付かれたようです、最終的な提案として「買取りする代わりにブログの削除」をお願いしたいと......



勿論、断りました、買取して貰うつもりはありませんしブログ記事を削除するつもりも無いので。

しかし、腹立たしいのは全く無関係の第三者を巻き込む無神経さ、ただただ自分の利益を守るために。

そして、第三者の方から確認したんですが、「完全調製品」、「完全ヤナギサワコピー」は嘘だったようです。

電話で私の管体については「部分調整」、「ヤナギサワコピー」も一部分だと言ったそうです。



ここまでええ加減で謳い文句も嘘だったとは呆れ果てた次第です。



今回の件を糧に良い製品づくりに努力して頂く事を望みます、勿論、ユーザーの利益を最優先にして。





☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


『エルクハート製 ET-500BNについて』.....

Posted by dejavu on 31.2013 Saxophones

☆ マウスピース リフェイスのM-TEC-JAPANはこちらから!

2013/5/2の記事で「エルクハート ET-500BN ブラックニッケル」の事を書いてますが続報となります......

当初は「ゆるぅ〜い」評価内容にしていましたがエルクハートの方から"プライドの無い"メッセージが2度も届きましたので"私の評価"を本音で書いてみます。

エルクハート社のサイトには「完全調整品」等と謳ってありますが些か疑問です、いや大いに。
完全調整をしたのであれば必ず"試奏"しながら調整など行なっているはずですが、調整していないと認識できます、根拠は;

◆ネックが本体になかなか入らない、スクリューネジをハズしてもなかなか入らない。
・試奏しているなら即分かる事項です。

◆低音がまともに出ない、拙者は素人ですがちゃんとした音は十分出せるレベルです。
・D(レ)から下は構造上出し難い音ですが、F(ファ)から下がどうしても裏返ったりちゃんと鳴らない。
・これも"試奏"していたら分かる事項です。


この時点で「なんやこれ」状態、もうこれはリズハモさんに調整出すしかないと判断し他の要望も加えてお願いしました。


結果は画像の調整内容を確認下さい......

DSCN0328.jpg

キーの高さやコルク盛りは私の要望なんで関係無いんですが、新品でありながら"タンポ"交換、"全体調整"、"リベット交換"、"ネック調整"そして記載されていませんが曲がっていたネジも数本あったようです。

ネジが曲がっていたら調整しても狂うのは当たり前でしょう。


はっきり言って「あり得まへんわ」......

送り返さなかった理由は、調整技術を疑ったからです、信頼できるリズハモさんに預ける方が安心ですから。






そして5/2の記事を見た「エルクハート」の方から、以下のメッセージが;

****************************(6/28の原文です)

** 様 お世話になります。またご無沙汰しておりました。 ET-500BNの件では大変お世話になりました。  **様の方ではET-500BNをかかりつけのリペアマン様にお預けになり、 カスタマイズされてうまくお使いですね。いろいろ不備な点があり 申し訳ないと思っております。今後は改善していこうと思っております。  ところで、**様が当工房のET-500BNについていろいろとブログにアップ されておりますが、全体的には当工房にとってはマイナスのイメージを お客様に持たれると考えております。「エルクハート テナー」で検索 すると**様のブログが目に留まります。  そこで、もし可能でしたら、ブログの中から「エルクハート」と「ET-500BN」 という言葉を削除した形で編集していただけないかというお願いでございます。 エルクハートとET-500BNについてのことである事は確かなのですが、当工房は ネットでの売り上げがほとんどですので、ネット上でマイナスのイメージを 持たれると影響が大きくなります。当工房はこれからも安くてさらに良い楽器を提供 していきますので、ほんとうに申しわけないお願いなのですが、お考えいただけると 助かります。 よろしくお願いいたします。 エルクハート *** *

******************************************

この時も"腹立たしい気持ち"だったんですが要望に答えてあげましたが.....

私の本音はこうやろと;
**様 ブログ拝見しました、色々とご迷惑を掛け申し訳ございません。
指摘頂いた事項は真摯に受け止め今後の製品に反映するよう努力させて頂きます、
貴重な意見を頂き有難うございました。

エルクハートのコメントは自分の利益しか考えずユーザーの利益を無視した考え方です、"臭い物には蓋をして下さい"です。

まぁ、我慢してあげましたよ、この時はかなり優しかったんでしょうが......
最近になって以下のメッセージが;

****************************(7/28の原文です)

** 様

お世話になります。 ブログの変更ありがとうございます。本文の方はエルクハートと500BNを削除していただき、お手数をかけました。最近検索エンジンの キャッシュが更新されましたが、まだ出て来てしまいます。おそらくトップの写真の説明にエルクハートが残っているためではないかと思います。そちらも変更 していただけると助かります。よろしくお願いいたします。

***

******************************************

はい、ご想像通りです、プッツ〜ンと切れました!
どうですか、この自分勝手なメッセージ、ちゃんとメッセージ返信しました.....

貴殿には失望したとね、その他もろもろと。



客観的事実をもみ消したいなら努力するしかないやろ、子供でも分かると思うけどね。



とにかく、アホらしくて5/2の記事も元の内容に戻しました、私と同じような思いをする方が現れかねないので。

今の心境は「調整費」返せってのが本心です、一昨日、エルクハートからメッセージが有りましたが読まずに削除しました。



エルクハート製のサックスに興味ある方は必ず試奏をお薦めします、ネット購入は私のようなリスクが伴う可能性があります。




最近、楽器店や楽器の事で"腹立たしい"事が続いております( ̄□ ̄;)!!




☆ 管楽器 リペアのRhythm & Harmony(大阪)はこちらから!


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。